So-net無料ブログ作成
デング熱 ブログトップ

デング熱 症状 新宿中央公園 [デング熱]

なんと、今まで代々木公園でしかデング熱という、デングウイルス(Dengue virus)が原因の感染症で、、熱帯病の一つであり、2014年現在、実用化されている予防ワクチンはまだないものがついに、新宿中央公園からも感染者がでた疑いが発生した。
このデング熱は、一過性の熱性疾患であり、症状には、発熱、頭痛、筋肉痛、関節痛(Arthralgia)、はしかの症状に似た特徴的な皮膚発疹を含む。治療方法は対症療法が主体で、急性デング熱にはいま起きている症状を軽減するための支持療法 (supportive therapy, supportive care)が用いられ、軽度または中等度であれば、経口もしくは点滴による水分補給、より重度の場合は、点滴静脈注射や輸血といった治療が用いられる。稀ではあるが、生命を脅かすデング出血熱に発展し、出血、血小板の減少、または血漿(けっしょう)漏出を引き起こしたり、デングショック症候群に発展して出血性ショックを引き起こすこともあるといわれている。

このデング熱では王様のブランチタレントである、紗綾なども感染するじたいとなったが、新宿中央公園は、ここ代々木公園から、たいしてはなれていないこともあってデング熱ウイルスをもつ蚊が風によってはこばれてしまったという疑いがある。

K10043737511_1409051611_1409051617_01.jpg

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140905/k10014373751000.htmlより引用

今後こういう事例も出てくると思われるので、ぜひこういう公園などには近づかないで、症状がでたら医療機関に行くのが現時点で最良の策である。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

代々木公園 デング熱 閉鎖 いつ 症状 のど渇く タレント グラドル 王様のブランチ ロケ 紗綾 青木英李 芸能界 感染 対応 [デング熱]

東京都は4日、代々木公園(渋谷区)で採集した複数の蚊からデング熱のウイルスが検出されたため、同日午後2時から一部を除き同公園を閉鎖した。
000033923.jpg


http://www.aab-tv.co.jp/news/index_ann.phpより引用


この閉鎖は約50年ぶりであるらしい。 都によると、立ち入りが禁止されたのは中央広場や噴水池のある公園北側の地区で、道路を挟んで南側の陸上競技場や野外ステージのある地区は含まれない。期間は今のところ未定である。また、希望者の路上生活者には、施設がていきょうされるということである。
20、21日のインドとの文化交流イベントは計画通り開催するが、デング熱の注意喚起が促される方向である。

また、子の封鎖により、園内で予定されていたイベントや活動が相次ぎ中止となり市民に多大な影響をあたえてしまった。このイベントは、6、7日に行われるはずであった、日本とインドネシアの市民友好フェスティバルで、10日の野外音楽フェスティバルも会場を原宿のライブハウスに変更した。

また、王様のブランチに出演していたタレントが感染していたことが分かったが、4日では、国内感染者が59人と確認された報告があった。
このデング熱感染をうけて消毒液がばらまかれた。E4BBA3E38085E69CA8E585ACE59C92E5B081E98E96.jpg
   ※http://ok-torend.blog.so-net.ne.jp/2014-09-04より引用

この対策により、今後よりよい進展を目指してほしい




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能
デング熱 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。