So-net無料ブログ作成
全米オープン ブログトップ

錦織圭 全米オープン 決勝 日程 [全米オープン]

先日錦織選手が、準決勝で世界ランキング1位のジョコビッチ選手をセットカウント3-1で破る快挙でしたが、決勝は、マリン・チリッチとの対決です。この選手のプレースタイルは強力なサーブでのネットプレーで相手のサービスゲームをブレイクするのが大変難しいということです。このブレークと自分のサービスゲームを確実にキープすることが鍵になると思います。
あと、準決勝の疲れもあるので、競った試合は避けて圧勝すること、持久戦を避けてベストな状態で勝負できることが鍵になるのではないか?
それに深い打球で相手にネットプレーをさせないことも必要であると思います。

そんな相手のマリン・チリッチ選手のがぞうはこちら↓
1770ed29.jpg

S319709.jpg

http://sportsnavi.ht.kyodo-d.jp/tennis/stats/kyodo/player/detail/men/319709.htmlより引用

そして注目の対戦は、WOWOWライブにて独占放送2014年9月9日(火) 午前5:45 ~となっております。


確かに普通のテレビチャンネルでは放送されません。実況を見たい人がいるかもしれませんが、リアルタイムでは今のところこの放送しか見れないといわれています。
錦織選手が優勝したらVTRで何度も放送したり、特番が組まれたり、再放送するかもしれないので、錦織選手の優勝に期待しましょう。

錦織圭 全米オープン 6回戦 速報 [全米オープン]

なんと錦織圭選手が準決勝でノバク・ジョコビッチ選手を破った。

カウントは1セット目が6-4
2セット目が1-6
3セット目が7-6
4セット目が6-3の勝利。
5年連続の決勝進出を目指していた「最強」のジョコビッチを2時間52分の試合で撃破して歴史の扉を開いた。ジョコビッチ選手の戦績は、
4大大会優勝
全豪オープン:4勝(2008, 11-13年)
ウィンブルドン:2勝(2011, 14年)
全米オープン:1勝(2011年)

男子テニス界は長くジョコビッチ、フェデラー、ラファエル・ナダル(28)、アンディ・マリー(27)の「4強時代」だった。その中でただ一人錦織圭という一人の日本人が決勝進出までいった。
これはもうあのフィギュアスケートで金メダルを取った羽生結弦選手くらいの注目といってもいい。

これを機会に日本でのテニス人口の増加や指導法の向上の研究、埋もれた選手の人材発掘。テニスというメジャースポーツがある中でのプロの世界という知られていない世界をしってもらえるきっかけとなったのではないか。
錦織選手にはもう優勝してほしい。

次の対戦相手は、マリン・チリッチ(25=クロアチア)だ。 お互い年齢も近い。

錦織選手は、世界ランキング1位を破った。相性もあるかもしれないがぜひ優勝してほしい。

そんな相手の選手の画像はこちら↓
1770ed29.jpg
http://vippers.jp/archives/7843140.htmlより引用


錦織圭 全米オープン 4回戦 速報 スポンサー 年収8億 勝負強い 接戦 [全米オープン]

テニスのグランドスラムである全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)は3日、男子シングルス準々決勝が行われ、
第10シードの錦織圭(日本)が今年の全豪覇者で第3シードのS・ワウリンカ(スイス)を3-6, 7-5, 7-6 (9-7), 6-7 (5-7),
6-4の大激闘の末に破り、自身初となるグランドスラムベスト4進出、さらに同大会1918年に記録した熊谷一弥以来となる
日本男子96年ぶりの準決勝進出という快挙を達成した。 imageK2A5DWG9.jpg ※http://www.news.janjan.jp/culture/0809/0809026129/...より引用
3度目の対戦でついに、錦織はワウリンカとの対戦成績を1勝2敗と今回錦織はワウリンカから初めて勝利をあげた。4時間を越える死闘も、ブレークチャンスを与えるも、錦織はことごとくワウリンカの攻撃をしのいでいった。
今回、1918年の全米オープンで記録した熊谷一弥以来となる日本男子で実に96年ぶりの準決勝進出という記録を打ち立てた。
錦織は、8月上旬に右足の親指に出来た嚢胞を取り除く手術を受けたため、全米オープンの前哨戦であるロジャーズ・カップ男子、W&Sマスターズの2大会を欠場した。抜糸後は順調な回復を見せたものの、今大会への出場が当日まで危ぶまれていた。しかし、 復帰戦となった1回戦では勝利を飾り、その後自身も驚くほどの好調ぶりで勝ち上がった。 ワウリンカ選手は、この錦織の勝利をたたえていた。なんとすばらしい両雄の試合であったか。 


ぜひ、錦織には対戦した選手の分まで、そして、日本の代表として優勝してほしい。

全米オープン ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。